FC2ブログ

7歳双子 お勉強の記録

GenkiEnglish、スマイルゼミ、図形の極、オンライン英会話NativeCamp、小学生からのディズニー英語

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子供のお友達がそれぞれYMCAやECCジュニアの英語教室に通っていることを知り、焦っています

うちも英語教室に通わせたいとは思っているのですが、漠然と、小学3年くらいからと考えています

また、英語教室へ通う以前に家で教えるべきこと
英語教室で何を学ばせるか、などについても考えがまとまっていませんでした

子供が小学校に行っている間の時間に教育雑誌や英会話教室のサイト、親御さんのブログなど読み漁り、
母(私)の勝手な希望ですが子供の英語、こうしたいを時間軸に整理してみました

***************************************************************
小学校低学年
・GenkiEnglishでフォニックス、言葉、表現を覚える(自宅)
・サイトワードを覚える

小学校3年生くらいから
・GenkiEnglishで覚えた英語を話す、読む、書く機会を設ける(英語教室、オンラインレッスン等利用)
・小学校6年生で英検3級レベルとなるように学習をすすめる

中学生
・英語の授業がラクになり、英語以外の教科を勉強する余裕が出来る
・高校英語を学習し始める

高校生
・英語の授業がラクになり、英語以外の教科を勉強する余裕が出来る
***************************************************************


うちの子たちは今年度(2017年度)小学校入学です
小学校英語教育が変わる2020年度には4年生になります
4年生で外国語活動が始まり、5、6年は教科として英語が入ってくることになります

ここで自分は英語が得意!と思うことが出来たらその先の学習意欲につながると思います

逆に、家や習い事で英語を勉強していたにも関わらず学校英語でほかの子よりも出来ないと感じると子供は複雑な気持ちになるでょうね


自分の経験から、小学校英語の授業内容を事前に知ることができれば予習期間は一年で足りると思っています

私のときは中学1年から英語の授業が始まるのに対し、通った英語塾は6年生から教えていました
それで、同級生に12人ほど居た塾生全員が中学英語は「余裕」で3年間を過ごしました

学校の定期テストは塾に持っていって報告しなければいけなかったので、みんな出来ていることがお互いに分かったのです


うちの子供たちの場合、
学校のカリキュラムには予習が間に合ったとしても、
小さい時から英語、英会話にもっと力を入れている他の子たちが外国語活動でより活躍している姿を見てしまうと、自分は英語が得意だとはとても思えないかもしれないです

そう思うと母は他のたくさんの子供たちが英語教室に通っているのにうちはまだ行かせていないことをうじうじ悩んでいます

スポンサーサイト
カテゴリ → background | トラックバック(-) | コメント(-) |
小学校に入学した長男、次男
仕事を辞めた私は放課後子供のお迎えに出ています

途中帰って来る近所の子供達、お迎えのお母さん方とすれ違い、、
学校まであと半分くらいでもう帰宅する子供たちを見かけなくなりました

あれ?うちの子居ない
なにか理由があって学校に残っているのかな??

携帯を気にしつつ歩き、子供たちに会えないまま学校まで到着してしまいました

下校前に方向別に集まる正門付近は無人
(ここに居るかと期待したのですが)
児童玄関から学校内に入り、一年生の教室前に行くと1年担任の先生方に会えました

あのー、○○ですが、迎えに出たのですが子供と会えなかったので・・

と先生に伝えると
「それはおかしい」「確かに帰った」「学校には居ない」と口々に言われました

学校から大通りに出るところまで先生が見送ったそうです

二人一緒に帰ったし、他の子供達も一緒だった
二人は道もしっかり分かっているようなので今頃家に着いていると思います

そう先生方に言われて、とにかく家に戻ることにしました
学校から家までは2.5km位あります

歩きながらいろいろなことを考えました

すれ違って気が付かないなんてあるのかな??
家にいなかったらどうしよう、次どこ探そう
子供に携帯持たせた方がいいのかな
居なかったら夫に電話しなきゃ、何て言おう・・・


自宅近くまで来て、
もう2分ほどで自宅玄関が目視できるという辺りで小学校から電話がありました

電話は次男の担任の先生からで、
長男の担任の先生が車で家まで来ていて、
子供たちが家の前に居て、
鍵が開いていないので私の到着まで先生も一緒に待って居るという内容でした

良かった~

先生方、学校で話した時には「きっと今頃家に着いていますよ」
とあまり心配そうではなかったのですが、
(それに私も救われたのですが)
あのあと出動してくださったんですね

入学早々、お手数かけます

電話をいただいたことで少しでも早く子供たちの無事を知ることが出来て良かったです

それに、子供達は家の周りに居たとはいえ私が居ないので、探しに学校方面に歩いて戻ろうかとしていたそうです
心が不安で歩くと安全確認もおろそかになるし、先生に来ていただいて本当に助かりました

学校に子供が居ないと分かった時点で近所の上級生のお母さんに電話しました
家の前に子供が居るか見てもらえたら、と思ったのですが電話がつながりませんでした


一年生を迎えに出ている他のお母さんの電話番号を訊いておくべきでした
そうでなくても学校でお願いして近所の一年生のお母さんに連絡を取ってもらえば良かったです

そうすれば子供がちゃんと家まで帰ったのかすぐに訊けたし
家の前に居たら保護してもらえました


家に来ていただいた先生にお礼を言って、
先生は、通学路をもう一度親子で確認しておくように と言って帰られました


その後、子供が一緒に歩いていたという近所の他の一年生さんのお母さんに挨拶に行きました

そこで子供が下校する集団のどの辺りを歩いてきたかとか、
どの辺りで迎えのお母さん方と合流したかとか教えてもらい

同じ通学路を歩いてきて、前後の子供達とも私は会っているのに、
なぜ私がうちの子たちと出会えなかったか(気づかなかったか?)フシギフシギと話していました

そのとき子供たちが学校近くの店舗でトイレを借りた、と言いました
先生と別れた後、迎えのお母さんたちと合流する前です

私が下校の子供達とは割と学校近くで会っていることを考えると、
どうやらうちの子たちがトイレを借りている間に私がその前を通り過ぎたようです

そんなことあるの??と疑うようなタイミングの悪さですが、
なぜ出会えずに行違ってしまったかが判明しました

こんなことで、
先生には放課後までご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした
カテゴリ → 日記:小1 | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。